着物(KIMONO) | ベストドレッサー賞&準優勝、日本伝統を美しく表現できているでしょうか。

本格的な流派であります着付け教室で、技術査定という審査会が開催され、モデルとして参加させせて頂きました。

年1回、今回で18回目の開催です。約75名~の門下生(お弟子さん)がいらして、今回は約40名が参加されておりました。

毎回、着付けに課題がだされ、今年は『銀河』ということでした。壮大なテーマです。

世界中で愛される日本の伝統と文化をたくさんの方が勉強されている場に参加できて光栄です。。

審査会は熱気があり、真剣も真剣であり、でも皆さんその雰囲気を楽しんでもいらっしゃるようにも感じました。

私がモデルとさせて頂いた、着付けの方とは、たくさんの話ができまして、とても楽しく貴重な時間を過ごさせて頂きました。本当にありがとうございました。

黒の濃淡に紫が生えるデザインは、凛とした印象で、美しい着物をきることができ感謝です。

審査では、ベストドレッサー賞&準優勝を頂くことができ、少しは貢献できたのかな~😊

でも皆さん綺麗ですので、審査の差がどこにあるのかは難しいだろうな~と思いました。

比較すること事態、難しいですよね。審査されるプロの方には、しっかりとした基準があるのでしょうが、大変だと思います。

着物は美しいな~と改めて思いましたし、もっと着る機会を増やして楽しみたいです!

そういう思いから、浅草で着物・浴衣パーティー開催したりしております。別の記事で紹介させてもらっております。

機会がありましたら、ご一緒にいかがですか?みんなでワイワイ楽しいですよ😊

↓参考↓

審査会公式サイト